【代表】 ベアーズ(BEARS)の由来

スクール代表の関口です。
日本は暑いようですね。
こちらラオスも、負けずに暑い日が続いています。

さて、今日は ベアーズ(Bears)の名前の由来 について書いてみたいと思います。

わたしは、スクールの理念として、

「サッカーを通じて、

 勇敢で(Brave)、
 努力をする (Effort)、
 積極的で (Aggressive)、
 他者に感謝し (Respect)、
 熱い気持ちをもった (Spirits)、


           人間を育てる。」


という言葉を掲げ、そのそれぞれの英語の頭文字をスクール名にしました。

同時に昔流行った「がんばれベアーズ」というアメリカの野球チームのドラマから拝借した意味もあります。

野球が上手ではない落ちこぼれの選手たちが、猛烈な練習を重ね、
最後には彼らを馬鹿にしていた強豪チームに勝つというストーリーです。

サッカーをプレーするときに、さまざまな技術を使います。
ボールを蹴る(キック)、止める(コントロール)、運ぶ(ドリブル)・・・・。

キックひとつを見ても、
短い距離のパスなどでよく使うインサイドキックアウトサイドキック
遠くまでボールを飛ばすときに使うインフロントキック
シュートするときに使うインステップなどいろいろあります。

その一つ一つの技術を向上させるために練習は欠かせまん。
10回よりも100回、100回よりも1000回ボールを蹴るほうが上達します。
個人差はありますが、練習しただけうまくなるのがスポーツです。

つまり、努力はウソをつきません。
努力したらその分だけそのまま自分に跳ね返ってきます。

がんばれベアーズでは…
その努力の結果、絶対に勝てないといわれていた相手に勝つことが出来ました。

ベアーズサッカースクールのこどもたちには、

「自分が努力をすることで、力をつけ、その自分の力で大きな喜びを得る」

ことを是非体感してほしいと思っています。


    スクール代表 関口
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: Re: 入部を希望しています


>
>
> 返信遅くなり大変申し訳ございませんでした。
>
> 運営スタッフの佐とうと申します。
>
> 現在、練習をガス橋グラウンドと嶺町小・体育館と二か所にて行っております。
>
> 詳細は下記に記載してあります。
> かなり日が経ってしまいましたが、
> ご興味ございましたらご連絡お待ちしております。
>
> http://bears2012.com/info_20120229.html
>
> ■ 体験までの手順
> bears2012@willcom.com宛にメールにて。
>    → 名前・年齢(学年)・参加希望日を明記のこと
>    → 追ってスクールより、詳細をメールにてお知らせいたします。